AI姿勢・動作解析システム

Posture and Motion AI Analysis System

人がストレスを感じる原因はいくつかありますが、先が見えない、コントロール出来ない事は大きなストレスとなります。
それが自分の身体の中で起きていることならなおさらです。
いつ襲ってくるか解らない痛み、どうすれば痛みが治まるのか、いつになったら良くなるのか
など、予想できない、コントロール出来ない症状はストレスになり回復を遅らせてしまいます。

現在多くの治療現場で行われている、施術や高価な医療機器による治療は、症状は改善してくれるのですが、自分で治せると感じさせてくれる事が少ないため、2・3日おきに通院し、貴重な時間とお金を消費しているのが現状です。

しかし、人はもともと自分で自分の身体を治す力は持っています。
そのため、その治癒力を最大限に引き出せれば、早期の回復となるため、ただ闇雲に治療を続けているのではなく、患者様にしっかりと症状や回復への方法をご説明する事で、ご自身の身体の状態を知って頂き、身体をコントロールする方法を学んで頂くことで早期回復が可能になります。

当院で導入しているAI姿勢解析システムは、姿勢を数値化する事で視覚的に捉える事ができるため、よりご自身の姿勢を客観的に捉える事が可能となり、症状の回復への手助けとなります。
また、オンラインでのセルフケアトレーニングもサポートしていますので、ご自宅でいつでもトレーニングが行えるため、継続して行うことができます。

 
 

検査項目

姿勢解析

慢性的な肩凝り、腰痛、頸部痛など姿勢からくる不快な症状を、基本姿勢の正面・側面に加え腰の前後屈、側屈、骨盤押しなど10ポーズの画像から姿勢や柔軟性を解析して原因を追究。
普段の姿勢により、骨のアライメント異常や、緊張している筋肉と弱化している筋肉を判定し、今後の対策としてストレッチやトレーニングのおススメ動画を提案します。
 
慢性的な肩凝りや腰痛の原因究明
O脚・X脚の判定にご利用いただけます。

座位姿勢解析

普段何気なく腰掛けている姿勢も、場合によっては腰痛や肩凝りの原因になる事があります。
AI解析によりあたなの座位姿勢に問題が無いかを判定。

 
歩行解析

関節痛により歩行姿勢や安定性、左右のバランスなどが崩れていても、ご自身で判定する事は困難です。
AI解析では正面または側面からの5~6歩の歩行動画だけで、歩行速度、歩幅、左右のバランスを解析。
足圧計と併用して使用する事でさらに詳細に分析する事が可能です。
変形性股関節・膝関節症などにより異常歩行がある方が、歩行改善のためにご利用いただけます。
歩行年齢も判定されますので、実年齢との差を競ってみてはいかがでしょうか。

フリー動作解析

10秒以内の動画からAIが骨格座標を割り出し可視化します。
4か所まで関節角度と重心位置が表示できますので、スポーツのフォームチェックなど用途は自由自在。